line_l

先輩シンママの声 5

たった一人で子どもを育てていくには、大変な困難、そして不安が付きまといます。
行政のサポートは微々たるもので、親からの支援を望めない者にとっては死活問題です。

私自身も父親を早くに亡くし、母親との関係も良好とは言えず、

シンママになっても頼る人も帰る場所もありませんでした。
その投影から精神的ダメージを受けて不登校になってしまった娘を抱え、

歯を食い縛りながらも懸命に生きてきました。

ですが娘が大学に進学したことでついには経済的な限界を感じ、

ある男性と生活を共にしたことで、DV被害に会い、ほうほうの体で逃げ出しました。

家財等をすべて失い、帰る所もなく、

女性相談に電話しても『命の危険がない限り何もできません』と冷たくあしらわれました。

 

辛うじて実家に身を寄せましたが肩身が狭く、

DVを受けたことの精神的ダメージと経済的な不安。
それまでの長いシンママ人生の張り詰めた糸が音を立てて切れるかのように、

心と身体が動かなくなってしまったのです。

 

うつと診断され、仕事ができなくなり、藁をもすがる想いで『シンママ応援団』に相談しました。
そこに待っていたのは思いもかけない支援の扉だったのです。

相談したその日から、全力でサポートしていただき、様々な支援機関にも繋いで頂き、

生活保護の申請から生活面でのサポートまで、全身全霊で助けて頂きました。

もしあの時相談していなかったら、今の私はどうなっていただろう…と思うだけで身震いします。
そして、私がシンママになった当初にこちらを知っていればどんなに良かったか…

生活保護を受けることは恥ずかしいことではなく、

困窮し行き詰まった人生を再構築するための大切な国の財源なんだということを知りました。

 

私達親子は新しく人生の扉を開くきっけを応援団から頂き、その鍵を手にすることができました。

私達は何も知らなすぎるのです。

行政の仕組みや実際、世の中の偏見、

本当に困っている人の為にどのような支援、援助、サポート機関があるのか…

どうか一人で悩まず、ほんの少し勇気を出して最初の一歩を踏み出してください。
ここはとても安全で、全力であなたをサポートし、守ってもらえる場所ですから。
そして子ども達の未来の為に、一緒に歩き出しませんか?

↑ページトップに戻る

line_l

copyright© シンママ大阪応援団 all rights reserved.