line_l

先輩シンママの声4

経営難で多額の借金のある、自営業の主人とは
妊娠を機に、結婚して七年でした。
(借金はあと四年で完済する、と言われてましたが
売上減少などで増える一方でした。)

子どもは小一と幼稚園年長の兄弟です。

新婚時代から、酒癖が悪い主人から何度も
DVやモラハラを受けるようになりましたが
息子たちから『お父さん』を奪うことに迷いがあり、
何度も別居しては戻っていました。

『離婚』を決意したのは、子どもたちにも暴力を
ふるったのが、どうしても許せなかったからです。

まともな話し合いはできず、調停をして半年ほどで
離婚が成立しました。

着の身着のまま、逃げるように三人で戻り
持病のある、年金暮らしの両親に甘えて実家に住んだものの
「お互いのために、できれば将来は別で住んでほしい」と
言われ、私も納得はしたものの、始めたばかりのパートの
収入だけで、生活の建て直しをどうすればいいのか
途方に暮れていました。
(独身時代の貯金は、借金返済と生活費に使い果たし
主人の自営業を手伝っていたものの、
当然給料はありませんでした)

役所をはじめ、色々な相談機関に行きましたが
具体的なアドバイスには繋がらず、こちらのサイトに
たどりつきました。

『大阪』となっているので、他府県在住の私は
対象外だろうな、と思いつつ、諦め半分、
藁にもすがる思いでメールをしました。

すぐに『生活保護の申請をしましょう!必ず通ります。』と
心強い返信を頂き、その週末には最寄り駅まで来てくださり
申請に付き添って下さる地元の方も紹介して頂きました。

実はその三ヶ月ほど前に、自分一人で役所に
生活保護の相談に行きました。
話は聞いてもらったものの、申請書も書かせてもらえず
帰されました。

が、付き添いの方のお力添えのおかげで、無事に申請も通り
母子三人で引っ越すことができました。

申請が通るまで両親からは、「怪しい組織では?」
「騙されてないか?」などと言われ続けましたが
(失礼ですみません)、本当に見ず知らずの私たちのために
力を貸してくださったのです。

生活保護に抵抗がないと言えば嘘になりますが
今の私たち三人の穏やかな生活のためには、これしか方法は
ありませんでした。

今、DVやモラハラで悩んでいる方に(心身とも疲れはて
なかなか行動に移せないこともよくわかりますが)

○一人で悩まず、ダメ元でも、とりあえずあちこちに相談

○アドバイスされたことは、できるだけしてみる

ことで、少しずつでも必ず、道が開けてくることを
お伝えしたいです。

私も「私が我慢すれば…」と思ってきましたが
相手は変わりません。

ある方に「お母さんが幸せなら、子どもたちも幸せなの。
逆も然り」と言われ、その言葉を支えに、ここまできました。

今、息子たちはのびのびと明るく、よく笑うように
なりました。

これを励みに、次は本当に自立できるように
がんばろうと思っています。

どうか諦めず、一人で悩まず、声をあげてください。
必ず、手をさしのべてくださる方に繋がります。

↑ページトップに戻る

line_l

copyright© シンママ大阪応援団 all rights reserved.