line_l

Q31 仕事はどうやって探せばいいのでしょうか

A ハローワークにいってみましょう。行政のやっているサービスです。

 インターネットでも、求人票をみることができます(全部ではありません)。

 

https://www.hellowork.go.jp/

 

ハローワークに行って、紹介状をもらい、応募します。

 

 ハローワークのマザーズコーナーという、子どもを持つ女性のための窓口があり、そこでは、予約すると時間を取って、希望をきいてくれ、どんな仕事がいいのか、じっくり相談にのってくれます。子連れで相談できるよう、オモチャや絵本なども用意されているところもあります。大阪府には6か所にあります。

 

http://osaka-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/kanren/mothers.html

 

 ハローワークでは、履歴書の書き方や面接の受け方などの無料講座もやっています。

 

Q32 ハローワーク以外ではどんな方法がありますか

A 新聞(特に日曜日)や、家にポスティングされるフリーペーパーに求人広告がのっています。

 地下鉄の駅などにも、「タウンワーク」、「アン」、「アイデム」など無料の就職情報誌がおいてあります。求人広告を見て、どんな仕事があり、時給はどのくらいなのか条件収集するのもいいかもしれません。

 就職情報は、インターネットのサイトにもアップされています。

 

タウンワーク http://townwork.net/oosaka/

アン http://weban.jp/kansai/

イーアイデム http://www.e-aidem.com/

 

 家の近所でパートの仕事につきたいなら、お店の張り紙をよく見ましょう。パート・アルバイトの仕事は、張り紙で募集していることが多いです。

Q33 他にはどんなところで仕事がさがせますか?

A 自治体がやっている男女共同参画センターでも、女性の就職相談にのってくれるところがあります。

大阪市立男女共同参画センター クレオ大阪 

 

http://www.creo-osaka.or.jp/

 

大阪市に住んでいる方は、大阪市ひとり親家庭福祉連合会(愛光会館)で、仕事を紹介してくれます。

http://hitoren-osaka.org/

 

 

市役所や区役所なども、最近、生活困窮者生活支援法という法律ができて、就職の支援をしてくれるようになりました。担当は、役所によって違うので、就労支援をお願いしたいと言って、母子支援の窓口できいてみてください。

 

Q34 母子家庭の母が受けられる無料の講座があると聞いたのですが。

A 母子家庭向きにいろいろな無料講座があります。

 大阪市ひとり親家庭福祉連合会(愛光会館)や大阪府母子寡婦福祉連合会(大阪府母子福祉センター)では、母子家庭の母向けに、パソコン、簿記、介護職員初任者研修(ヘルパー)などの無料の講座があります。

 

大阪市ひとり親家庭福祉連合会(愛光会館)(大阪市に住んでいる方のみ)

 

http://www.kyoureikai.org/index.html

 

大阪府母子寡婦福祉連合会(大阪府母子福祉センター)

 

http://www.osakafu-boshiren.jp/index.html

 

 大阪市、大阪府以外に住んでいる方は、「母子」「寡婦」「ひとり親」「福祉」「会」といった言葉と、地名を入れて、検索してみてください。住んでいる地域にも、同様の団体があるかもしれません。

 

Q35 職業訓練を受けながら、お金をもらえると聞いたのですが。

A 職業訓練受講給付金という制度があります。

 職業訓練受講給付金という制度です。パソコンや介護などの職業訓練を受けながら、月10万円程度がもらえます。ハローワークが窓口なので、ハローワークで相談してください。

Q36 学校に行くのにお金がもらえると聞いたのですが。

A ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金(名前はよく変わります)制度です。

 ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金(名前はよく変わります)といって、看護師、準看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士の資格を取るために学校に行く場合、2年間毎月10万円程度のお金が出る制度があります(金額などもよく変わります)。

 

 看護学校の場合、卒業後にそこに就職するという約束で、病院からも奨学金が出ることが多いので、あまりお金の心配をせずに、学校に通うことができます。市町村や区の母子支援の相談窓口で相談してみてください。

 

大阪市の情報

 

http://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000002804.html

 

 母子家庭等自立支援給付金といって、指定された講座の費用の2割を支給してくれる制度もあります。市町村や区の母子支援の相談窓口で相談してみてください。

 

大阪市の情報

 

http://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000002807.html

 

1 / 11

↑ページトップに戻る

line_l

copyright© シンママ大阪応援団 all rights reserved.