line_l

Q06 DVを証明することはできますか?

A 婦人相談所で相談することで証明書が発行されます

 「配偶者からの暴力の被害者に係る証明書」は原則として都道府県に設置されている婦人相談所(都道府県によっては「女性相談所」や「女性相談センター」などの名前になっているところもあります)で発行されることになっています。この証明書で、住民票の閲覧制限、新しい健康保険への加入手続きなど支援を受けることができます。

 

 大阪府婦人相談センター  http://www.pref.osaka.lg.jp/joseisodan/

 

 婦人相談所はもともと売春防止法に基づく女性のための相談所ですが、DV防止法(配偶者からの暴力防止及び被害者の保護等に関する法律)により、婦人相談所が配偶者暴力相談支援センターの役割を果たすことになり、DV被害相談の公的な窓口のひとつです。

 

 また、婦人相談所以外の配偶者暴力相談支援センターが発行した証明書も婦人相談所の証明書と同様の取り扱いをすることができます。さらに、裁判所において発行する保護命令にかかる書類等他の公的機関が発行する配偶者からの暴力の被害を受けている旨を証する書類についても、婦人相談所の発行する証明書と同様の取り扱いをすることができるとされています。証明書における「保護」には相談(電話相談除く)のみの場合も含まれます(内閣府男女共同参画局推進課長「配偶者からの暴力被害者の取り扱い等に関する証明書の発行について」平成20年5月9日)。

 

↑ページトップに戻る

line_l

copyright© シンママ大阪応援団 all rights reserved.