line_l

Q12 生活が苦しくて法テラスが立て替えてくれたお金を返せそうもありません・・

A 払えない場合には分割や猶予や免除制度があります

 法テラスが立て替えてくれたお金は、そのお金がいくらであっても毎月5千円から1万円の分割払い(無利子)で返していきます。ゆうちょ銀行の口座(ない人は作ってください)から引き落とされます。

 

 生活が苦しいなどの理由で分割払いができない場合は、償還猶予申請書を提出して事件が決着するまで分割払いを待ってもらうよう申請しましょう。生活保護を受けておられる方は、役所が発行する受給証明書を出すことで自動的に猶予してもらえます。

 

 事件の終了時点で、生活保護利用者や、生活保護に準じる程度に生活が苦しく、かつ、今後1,2年の間に暮らし向きがよくなる(「資力が回復する」)見込みに乏しい場合は償還免除申請書を提出することで分割払いを免除してもらえることがあります。

 

 「資力を回復する見込みに乏しい場合」とは具体的には、65歳以上である、4級以上の身体障害者手帳を持っている、2級以上の精神障害者手帳を持っている、労災保険、国民年金、厚生年金から障害年金をもらっている、これらの方を養っている、病気の治療のために現在無収入で1年程度先まで働ける見込みのないといった事情の人が当てはまります。小さいこどもを養っている人で今後1,2年で今より暮らし向きがよくなる見込みに乏しい人も免除を認める運用になっています。

↑ページトップに戻る

line_l

copyright© シンママ大阪応援団 all rights reserved.